中古バイクで販売されている事故車で気を付けること

販売されているバイクには新車バイクと中古バイクがあります。すでに購入済みのバイクは中古バイクとして流通しています。この中古バイクの中で、前オーナーなどが事故にあってしまった事故車が含まれることがあります。基本的には事故を起こしたバイク=事故車は、中古バイクとしては販売されません。その理由はバイクがひどく壊れた場合、直して乗るライダーはいないからです。諦めて次の中古バイクを購入します。また事故車を修理し、中古バイクとして売るショップも少ないです。これは中古バイクを探している人で事故車を探している人があまりにも少ないからです。しかし事故にあっていても大きな破損がなく中古バイクとして購入が可能なバイクもあります。これは考え方によっては値段が安いのでメリットです。

 

中古バイクのダメージはどうか

バイクは二輪で走る乗り物です。なのでバイクが事故で大きなダメージを受けていると中古バイクとして乗り続けることは困難です。車体が重大なダメージを残していると、真っ直ぐ走らない、車体が変な動きをする、コーナーで振られる等、予測できない動きをすることがあります。これは見た目だけではなく運転にも影響するので中古バイクとしての魅力が薄れています。これらはフレームの歪み、ステアリングヘッドのガタ、スイングアームのねじれ等から引き起こされます。事故車を修理せず中古バイクとして販売するショップはないと思いますし、そもそも事故車は販売する側からも嫌われますから、実際に目にする機会はあまりありません。

しかし、中古バイクの購入方法でも気を付ける時があります。それは個人売買などです。個人の人は乗っていたバイクを中古バイクとして販売する際に「事故車」かどうか分かったうえで購入する場合は、これらがきちんと修理されているかは確認しましょう。一番いいのは、中古バイクの購入を検討する前に修理履歴を記載した点検記録簿を確認することです。これは中古バイクショップでも同じです。それがない場合は、修理したショップに確認します。どちらもできない場合は、購入を諦めるか、あるいは全て自己責任として購入するしかありません。これは中古バイクのメリットにはなりにくい情報です。

 

中古バイクのパーツが製造されているか

もし中古バイクを購入する時に希望のバイクのパーツがない時はよく確認をしてください。自分で中古バイクを修理しようとしてもバイクのパーツが交換できません。ただし、フレーム以外の修理や交換歴があっても、事故車とはされない場合が多いですから注意しましょう。例えば転倒してフロントフォークが曲がったとして、フォークだけを交換した場合は、一般的に「事故歴なし」とされてしまいます。これは修理されて中古バイクとして販売されていると、素人では見極めが非常に難しいです。それは中古バイクでも変わりません。そのような場合、つまり目の前にある中古バイクのフォークが曲がったままであれば、メーカーがフォークをまだ製造しているか、あるいは他車種のフォークを移設できるかを確認しましょう。バイクは生産が終了しても、メーカーは重要保安部品を10年間は生産しなければならないという法的規制があります。これは中古バイクを探す時の朗報でメリットです。フォークは比較的互換性が高いですが、これがエンジンのクランクケースであればそうはいきません。パーツ供給を確認しないと、買ったはいいが中古バイクを走行できないということもあります。これはせっかくバイクを購入したのに乗る事が出来ないので回避しましょう。中古バイクの魅力ではないです。

 

中古バイクの個人売買、オークションの注意点

中古バイクを探すときに注意するのは値段ですか、何ですか。一番が値段という人は気を付けることがあります。それは事故車の中古バイクです。「事故車でもいいからどうしてもこのバイクが欲しい!」というように、あらかじめ納得して買う場合もあるでしょう。その時は、価格はもちろんですが、何のために事故車を買うのかをはっきりさせておかないと、あとで後悔することになります。探しているバイクは製造されておらず、中古バイクで探すしかない。そしてそのバイクは稀少車だから、事故車であってもどうにか修理して乗りたい。これは中古バイクを買う明確なメリットです。今乗っている同じバイクのパーツ取りに欲しいという時もメリットです。中古バイクを買う価値があります。しかし、事故車でも安い中古バイクだから。この中古バイクはどうにか走行可能。という発想は控えましょう。中古バイクに乗るときにメリットになりにくいです。バイクは、二輪という不安定な乗り物ですから、安全な車体を選ぶに越したことはないのです。中古バイクを探すなら安全なバイクを選ぶのは初心者の豆知識です。

中古バイクのカスタム・ノーマルそれぞれのメリット

バイクは趣味性の高い乗り物ですから、ライダーの好みによってカスタマイズすることが多いです。中古バイクを探す際も既にカスタマイズされたバイクが出回っていることもあります。これは最初からカスタムをしようとしている人にとってみればメリットです。一方、カスタムを予定していない人からすればカスタムは乗り心地や運転に影響が出る内容なので、カスタムされた中古バイクはデメリットと感じるかもしれません。こういった中古バイクのカスタムとノーマルの内容をこの記事ではまとめています。マフラーやハンドルがカスタムの代表ですが、ノーマルと比べたときのメリットについて考えてみましょう。

 

バイクのカスタムとは

カスタムと(カスタマイズ)は、ライダーの好みに応じてパーツを交換したり、あとから付け足したりすることを言います。バイクカスタムで代表的なのはマフラーで、中古バイクの場合もマフラーをカスタムされていることがあります。それらのバイクカスタムは一般的に「社外マフラー」と呼ばれ、バイクマフラー専用のメーカーが製造しています。中古バイク用のパーツはたくさんありますが、メーカー純正ではないものが多いです。純正ではないから危ないかといったら、そういうわけではないです。中古バイクをカスタムするなら必ず社外パーツは発生します。どのメーカーのパーツが安全かはちゃんと確認が必要なので中古バイクを買うのと同じように調べましょう。

他の代表的なカスタム箇所は、ハンドル、シート、スクリーン(カウル装着車)、サスペンション、バックステップです。こういう部分がカスタムされた中古バイクもありますが、一番多いのはマフラーのカスタムです。さらに細かい箇所では、ヘッドライト、ウインカーレンズ、ブレーキディスクとパッド、フェンダー、チェーンとスプロケット(チェーン駆動車)です。あとから付け足すものとしては、エンジンガード、ビキニカウル(ネイキッドタイプ)、エンジンスライダー、ステアリングスタビライザー、ステアリングダンパー等があります。中古バイクを探すときにどこがカスタムされているか分からなかったら、バイクショップで確認してから買うようにしましょう。

 

カスタムバイクのメリット

中古バイクがカスタマイズされていた場合、幾つかのメリットがあります。

(1)パーツを買う必要がない

オールチタン等の社外マフラー価格は、4気筒用では20万円以上します。新車バイクなら自分で買わなければなりませんが、中古バイクで最初からついていれば、買う必要はありません。中古バイクを探すときに、○○社のマフラーがついていることを条件に探せば、目的のマフラーを装着した1台が安く見つかることがあります。

 

(2)バイクの性能や乗りやすさが向上する

マフラー中心の話になってしまいますが、マフラーを交換するだけで中古バイクのエンジンのフィーリングは変わります。社外マフラーをつけると、エンジンパワーとトルクは増加し、乗りやすくなります。軽くなるというのもメリットです。ハンドルやサスペンションも同様で、ライダーに合わせたポジション、路面追従性の向上などが可能となります。

 

 

ノーマル中古バイクのメリット

(1)バイクのトータルバランスが優れている

バイクはバランスを取って走る乗り物ですが、ハンドル、シート、ステップという3点の位置バランスは、加減速やコーナーリングにおいて、ノーマルが最も優れています。その理由はメーカーが開発する時に色々とバイクの研究をして計算されたデータで造られているからです。中古バイクも同じでノーマルの状態がどんな人にとってもバランスは一番いいです。しかしライダーの身長や体重、走りの好み等は皆違いますから、体格に合わせてパーツを交換したほうが乗りやすくなります。特に体格への影響は大きいです。しっかりフィットしないと安全面にも影響が出ます。もし欲しい中古バイクが体型に合わないと感じたら、パーツをカスタムしましょう。見た目だけでのカスタムはバランスに影響が出るので気を付ける必要があります。ほとんどの自動車はハンドル位置が調整できるのと同じ理由です。中古バイクはノーマルでもいいです。

 

(2)中古バイクの価格が抑えられている

カスタムパーツは、性能はいいのですが、価格が高くなります。最初から高性能なマフラーやサスペンションがついていると、性能はよくても新車価格が上がってしまいます。ここでいうカスタムパーツは新車でバイクを買う時のオプションです。中古バイクの社外パーツではないです。新車バイクに使えるオプションパーツを純正メーカーでも販売しています。こういう純正パーツは高いです。そこでノーマルバイクは、車体のバランス、排気音の静けさ等に一定レベルを維持したまま、販売価格を抑えて作られています。中古バイクを買う時にノーマルの方が色々と安いのです。つまりカスタムとは、一定の性能を持ったノーマルバイクに更なる性能アップを求めたり、自分なりの好みに変えたいときに行うものなのです。中古バイクを買う時にどちらがいいのかという正解はないです。実際に中古バイクに乗ってみたり、見てみたりしてから判断しても十分いいと思います。バイクを買う時の豆知識でした。

中古バイクのショップで確認した方がいいこと

中古バイクを購入する場合、そのバイクについて多くの情報があるに越したことはありません。なぜなら、バイクの外見に表れない部分を知ることで、中古バイクをよりよく知ることができるからです。ここでは、中古バイクのショップに確認すべきことを解説します。

 

中古バイクの前オーナーはどんな人か

まず確認したいことは、中古バイクの前オーナーがどんな人だったかです。中古バイクは当然ですが新車と違って多少の劣化などはあります。でも上手く乗っていれば状態は劣化せずにいい状態のこともあります。乗り方でも色々変わるので、どういう人がバイクに乗っていたかは遠慮せずに聞くのが大事です。年齢、性別、通勤で使っていたのか、週末のツーリングメインだったのかなど。これらを聞くだけで、その中古バイクがどんな使い方をされていたか、ある程度想像がつきます。例えば中古バイクが1,000ccで、前オーナーが30代、年間走行距離が平均2万キロだったという場合は、エンジンを酷使されてきた可能性が高いです。しかし、同じ1,000ccの中古バイクであっても、前オーナーが50代、年間走行が3,000kmのツーリングメインだったという場合は、かなり大切に乗られてきた可能性が高く状態のいい中古バイクと考えられます。もっともこれは一般論ですから、必ずしもそうとは限りません。最も安心できるのは、そのショップでバイクを新車で購入し、次のバイクに乗り換えるために下取りにしたされた中古バイクです。ショップはオーナーのことをよく知っていますから、中古バイクがどんな使われ方をしてきたかをよく把握しています。ただし現在は、オークションやショップのチェーン店化が進んでいますから、こういう機会は少なくなっています。こういう状態のバイクを見つけることが出来たらラッキーですね。

 

中古バイクの歴代オーナーの人数

前オーナーが分かったら、過去のオーナー数も尋ねてみましょう。中古バイクで最も安心なのは、「ワンオーナー」車で、つまり所有していたのは1人だけというものです。安心というのは、色々な理由があります。だいたい調べられるのは前オーナーの特徴くらいでそれより前のオーナーがどういうバイクの乗り方をしていて売って、次のオーナーが中古バイクで買ったかは分からないことが多いです。オーナーの人数が増えれば増えるほどバイクの乗り方は分からなくなりますし、色々な人の癖があります。中には2人、3人と所有されてきた場合があります。そうなると、ライダー各人走り方が違いますから、結果的にあちこち酷使されたバイクになっている可能性が高くなります。なるべくオーナー数の少ない中古バイクを選ぶようにしましょう。バイクの目利きに自信がある人であれば複数オーナーでもいいでしょう。そういう中古バイクは少し値段が安くなるのでお得です。

 

中古バイクの保管状況と地域

最後に、中古バイクがどんな状況で保管されていたかです。コンクリートのガレージ、湿気の多い車庫、吹きさらしの自転車置き場、家の軒先など、保管状況が違えば、5年・6年と経過するにつれてバイクの状態は違ってきます。乗ってなければバイクは傷まないというわけではないです。保管状態も影響します。そこまで把握できないショップは多いかもしれませんが、ショップのいわゆる常連さんであれば、分かる場合があります。他の情報もですが、中古バイクを買う時に質問に遠慮していて損するのは自分です。買ったあとに後悔することがないよう、中古バイクのことはたくさん聞いてみましょう。

また、中古バイクが走っていた地域も聞いてみましょう。車検証で分かることもありますが、仮に雪国なら、1年の半分は乗らずに保管されてきたことになります。それは一見、大切にされてきたメリットがあるように思えますが、走行が少ないからとオイル交換をあまりしないと、スラッジが溜まるデメリットにもつながります。人の体と同じで、寝たきりはダメなのです。バイクも動いているから元気なのです。もしどれか中古バイクを買ったなら、定期的に乗ってあげましょう。バイクが喜びます。ただしショップに確認する目的は、中古バイクの状況をより理解するために過ぎません。中古バイクの現車の状況を見るのが最も重要であることは、言うまでもありません。