中古バイクで販売されている事故車で気を付けること

販売されているバイクには新車バイクと中古バイクがあります。すでに購入済みのバイクは中古バイクとして流通しています。この中古バイクの中で、前オーナーなどが事故にあってしまった事故車が含まれることがあります。基本的には事故を起こしたバイク=事故車は、中古バイクとしては販売されません。その理由はバイクがひどく壊れた場合、直して乗るライダーはいないからです。諦めて次の中古バイクを購入します。また事故車を修理し、中古バイクとして売るショップも少ないです。これは中古バイクを探している人で事故車を探している人があまりにも少ないからです。しかし事故にあっていても大きな破損がなく中古バイクとして購入が可能なバイクもあります。これは考え方によっては値段が安いのでメリットです。

 

中古バイクのダメージはどうか

バイクは二輪で走る乗り物です。なのでバイクが事故で大きなダメージを受けていると中古バイクとして乗り続けることは困難です。車体が重大なダメージを残していると、真っ直ぐ走らない、車体が変な動きをする、コーナーで振られる等、予測できない動きをすることがあります。これは見た目だけではなく運転にも影響するので中古バイクとしての魅力が薄れています。これらはフレームの歪み、ステアリングヘッドのガタ、スイングアームのねじれ等から引き起こされます。事故車を修理せず中古バイクとして販売するショップはないと思いますし、そもそも事故車は販売する側からも嫌われますから、実際に目にする機会はあまりありません。

しかし、中古バイクの購入方法でも気を付ける時があります。それは個人売買などです。個人の人は乗っていたバイクを中古バイクとして販売する際に「事故車」かどうか分かったうえで購入する場合は、これらがきちんと修理されているかは確認しましょう。一番いいのは、中古バイクの購入を検討する前に修理履歴を記載した点検記録簿を確認することです。これは中古バイクショップでも同じです。それがない場合は、修理したショップに確認します。どちらもできない場合は、購入を諦めるか、あるいは全て自己責任として購入するしかありません。これは中古バイクのメリットにはなりにくい情報です。

 

中古バイクのパーツが製造されているか

もし中古バイクを購入する時に希望のバイクのパーツがない時はよく確認をしてください。自分で中古バイクを修理しようとしてもバイクのパーツが交換できません。ただし、フレーム以外の修理や交換歴があっても、事故車とはされない場合が多いですから注意しましょう。例えば転倒してフロントフォークが曲がったとして、フォークだけを交換した場合は、一般的に「事故歴なし」とされてしまいます。これは修理されて中古バイクとして販売されていると、素人では見極めが非常に難しいです。それは中古バイクでも変わりません。そのような場合、つまり目の前にある中古バイクのフォークが曲がったままであれば、メーカーがフォークをまだ製造しているか、あるいは他車種のフォークを移設できるかを確認しましょう。バイクは生産が終了しても、メーカーは重要保安部品を10年間は生産しなければならないという法的規制があります。これは中古バイクを探す時の朗報でメリットです。フォークは比較的互換性が高いですが、これがエンジンのクランクケースであればそうはいきません。パーツ供給を確認しないと、買ったはいいが中古バイクを走行できないということもあります。これはせっかくバイクを購入したのに乗る事が出来ないので回避しましょう。中古バイクの魅力ではないです。

 

中古バイクの個人売買、オークションの注意点

中古バイクを探すときに注意するのは値段ですか、何ですか。一番が値段という人は気を付けることがあります。それは事故車の中古バイクです。「事故車でもいいからどうしてもこのバイクが欲しい!」というように、あらかじめ納得して買う場合もあるでしょう。その時は、価格はもちろんですが、何のために事故車を買うのかをはっきりさせておかないと、あとで後悔することになります。探しているバイクは製造されておらず、中古バイクで探すしかない。そしてそのバイクは稀少車だから、事故車であってもどうにか修理して乗りたい。これは中古バイクを買う明確なメリットです。今乗っている同じバイクのパーツ取りに欲しいという時もメリットです。中古バイクを買う価値があります。しかし、事故車でも安い中古バイクだから。この中古バイクはどうにか走行可能。という発想は控えましょう。中古バイクに乗るときにメリットになりにくいです。バイクは、二輪という不安定な乗り物ですから、安全な車体を選ぶに越したことはないのです。中古バイクを探すなら安全なバイクを選ぶのは初心者の豆知識です。