中古バイクのカスタム・ノーマルそれぞれのメリット

バイクは趣味性の高い乗り物ですから、ライダーの好みによってカスタマイズすることが多いです。中古バイクを探す際も既にカスタマイズされたバイクが出回っていることもあります。これは最初からカスタムをしようとしている人にとってみればメリットです。一方、カスタムを予定していない人からすればカスタムは乗り心地や運転に影響が出る内容なので、カスタムされた中古バイクはデメリットと感じるかもしれません。こういった中古バイクのカスタムとノーマルの内容をこの記事ではまとめています。マフラーやハンドルがカスタムの代表ですが、ノーマルと比べたときのメリットについて考えてみましょう。

 

バイクのカスタムとは

カスタムと(カスタマイズ)は、ライダーの好みに応じてパーツを交換したり、あとから付け足したりすることを言います。バイクカスタムで代表的なのはマフラーで、中古バイクの場合もマフラーをカスタムされていることがあります。それらのバイクカスタムは一般的に「社外マフラー」と呼ばれ、バイクマフラー専用のメーカーが製造しています。中古バイク用のパーツはたくさんありますが、メーカー純正ではないものが多いです。純正ではないから危ないかといったら、そういうわけではないです。中古バイクをカスタムするなら必ず社外パーツは発生します。どのメーカーのパーツが安全かはちゃんと確認が必要なので中古バイクを買うのと同じように調べましょう。

他の代表的なカスタム箇所は、ハンドル、シート、スクリーン(カウル装着車)、サスペンション、バックステップです。こういう部分がカスタムされた中古バイクもありますが、一番多いのはマフラーのカスタムです。さらに細かい箇所では、ヘッドライト、ウインカーレンズ、ブレーキディスクとパッド、フェンダー、チェーンとスプロケット(チェーン駆動車)です。あとから付け足すものとしては、エンジンガード、ビキニカウル(ネイキッドタイプ)、エンジンスライダー、ステアリングスタビライザー、ステアリングダンパー等があります。中古バイクを探すときにどこがカスタムされているか分からなかったら、バイクショップで確認してから買うようにしましょう。

 

カスタムバイクのメリット

中古バイクがカスタマイズされていた場合、幾つかのメリットがあります。

(1)パーツを買う必要がない

オールチタン等の社外マフラー価格は、4気筒用では20万円以上します。新車バイクなら自分で買わなければなりませんが、中古バイクで最初からついていれば、買う必要はありません。中古バイクを探すときに、○○社のマフラーがついていることを条件に探せば、目的のマフラーを装着した1台が安く見つかることがあります。

 

(2)バイクの性能や乗りやすさが向上する

マフラー中心の話になってしまいますが、マフラーを交換するだけで中古バイクのエンジンのフィーリングは変わります。社外マフラーをつけると、エンジンパワーとトルクは増加し、乗りやすくなります。軽くなるというのもメリットです。ハンドルやサスペンションも同様で、ライダーに合わせたポジション、路面追従性の向上などが可能となります。

 

 

ノーマル中古バイクのメリット

(1)バイクのトータルバランスが優れている

バイクはバランスを取って走る乗り物ですが、ハンドル、シート、ステップという3点の位置バランスは、加減速やコーナーリングにおいて、ノーマルが最も優れています。その理由はメーカーが開発する時に色々とバイクの研究をして計算されたデータで造られているからです。中古バイクも同じでノーマルの状態がどんな人にとってもバランスは一番いいです。しかしライダーの身長や体重、走りの好み等は皆違いますから、体格に合わせてパーツを交換したほうが乗りやすくなります。特に体格への影響は大きいです。しっかりフィットしないと安全面にも影響が出ます。もし欲しい中古バイクが体型に合わないと感じたら、パーツをカスタムしましょう。見た目だけでのカスタムはバランスに影響が出るので気を付ける必要があります。ほとんどの自動車はハンドル位置が調整できるのと同じ理由です。中古バイクはノーマルでもいいです。

 

(2)中古バイクの価格が抑えられている

カスタムパーツは、性能はいいのですが、価格が高くなります。最初から高性能なマフラーやサスペンションがついていると、性能はよくても新車価格が上がってしまいます。ここでいうカスタムパーツは新車でバイクを買う時のオプションです。中古バイクの社外パーツではないです。新車バイクに使えるオプションパーツを純正メーカーでも販売しています。こういう純正パーツは高いです。そこでノーマルバイクは、車体のバランス、排気音の静けさ等に一定レベルを維持したまま、販売価格を抑えて作られています。中古バイクを買う時にノーマルの方が色々と安いのです。つまりカスタムとは、一定の性能を持ったノーマルバイクに更なる性能アップを求めたり、自分なりの好みに変えたいときに行うものなのです。中古バイクを買う時にどちらがいいのかという正解はないです。実際に中古バイクに乗ってみたり、見てみたりしてから判断しても十分いいと思います。バイクを買う時の豆知識でした。